ハイヤーサービスの安全に関する取り組みについて

ハイヤーサービスは利用されるお客様の安全性を第一に考えて、ハイヤーの車内設備を整えたり、研修を行っています。ドライバーの方は、常に安全運転を実施できるように専門のインストラクターからプロの運転テクニックを学んでいます。ハイヤーの中には、リヤビークルモニタリングシステムや衝突被害軽減自動ブレーキ、アダプティブ・クルーズ・コントロール各種運転支援システムが導入されているところもあるので、そういったところは安心して利用できます。

運転技術の向上だけでなく、安全運転のための知識を習得させるため様々な取り組みを行っています。安全運転に関する講習会は定期的に行っており、ドライバーの方の安全に関する意識を高めることを常に心がけています。トレーニングを通じて、正確なハンドル操作に加えて、円滑な運転をする為の方法、更には緊急時の対処方法を身に着けることをしています。交通事故発生に関しての色々なデータを参照しながら、事故発生に関する考え方を見直していきます。危険な状態をあらかじめ察知して、それを避けるための訓練を常に行っています。

初心者ドライバーに対しては、先輩のドライバーが同乗して、現場で起こることが想定される様々な問題について一緒に考えながら、サービスレベルを上げる訓練を同時に行っています。初心者のドライバーは、その訓練の際に先輩のドライバーに何でも遠慮なく問い合わせることができるシステムとなっていますので、ドライバーのレベルが短時間でアップしていきます。

どんなに優秀なドライバーであっても交通事故を起こしてしまう可能性をもっています。交通事故の最大の要因はヒューマンエラーであると考えられています。交通事故がもし起こってしまった場合には、原因をしっかりと究明することによってヒューマンエラーによる事故の可能性を減らしていく工夫を会社で行っています。事故を起こしてしまったドライバーに対しては、カウンセリングを行うようにしています。 事故を起こしたドライバーは、少なからず精神的な動揺があるため、それを静めるためにカンセリングが行われるのです。心の安定を導き、二度とトラブルを起こさないようにするにはどうすればいいのかを冷静に考えることを促していきます。ドライバーの健康状態、ライフスタイル、労働環境が適切なものになるようにすることも常に行われています。すべては車を利用するゲストの方の安全を優先するためです。